酵素ドリンクでは体内の酵素は増えない?

10月 13, 2014

酵素ドリンクを始め、酵素が含まれているとされる健康食品は、年齢とともに作られる量が減る酵素を補うという名目で注目されているのが一般的です。しかし、酵素ドリンクについて調べる中で、「酵素は外から補うことはできない」という情報を目にしたことはありませんか?
酵素が増えて体に色々な良いことが起こると思っていたのに、取り入れた酵素が意味のないものだとしたら、がっかりですよね。

しかし、意味がないということはありません。酵素を直接補うことはできないとしても、酵素ドリンクが体内の酵素の働きを助けるのは事実なのです。
酵素は外から補えないというのはそもそも、酵素は自分のDNAを設計図に作られる独自のものであり、自分のものでない酵素はその力を最大限に発揮することはできないから、というのが理由です。
それでは、酵素ドリンクが体にもたらすサポートとはどんなものなのでしょうか?

まず一つは、酵素を作るための栄養素を補うことができます。
酵素が働くためには、ビタミン、ミネラル、糖タンパク質などの栄養素が必要になります。
多くの食材を原料として作られている酵素ドリンクは、これらの栄養をバランスよく摂取するのに非常に向いています。

もう一つは、腸内細菌を活発にしてくれます。
腸内細菌には酵素を作る働きがあるので、腸内細菌を活性化させることはすなわち、酵素を増やすことにもなります。
腸内細菌は体の中に1000種類もの数が存在していると言われていますが、その多くの種類の菌たちがお互いの代謝産物をエサにして生きています。代謝産物とは、菌が活動をした際に作られる成分です。

この代謝産物を増やせば、エサが増えて腸内細菌が元気になるのですが、実はこれが酵素ドリンクに含まれているのです。
酵素ドリンクは発酵食品ですので、微生物の活動により代謝産物が豊富に含まれています。
酵素ドリンクで腸内環境が整うというのも、これが理由というわけです。
わかりやすく「酵素を増やす」とだけ書いてあったりするので混乱しがちですが、酵素ドリンクを飲んだ体内ではこんなことが起こっています。
直接的に酵素が増えなくても、きちんと効果はありますので、酵素ドリンクでファスティングする際も安心して酵素ドリンクを続けてみてくださいね。

Comments are closed.