スーパーのレジ、苦手です

8月 28, 2014

スーパーの買い物でいつも悩む…。どこのレジが1番早いか、と。
仮に1番早いところに並べたとしても、人生の中で驚くような有効的時間が生じるというワケでもないんだけど、
「ココかな。」と目星をつけて並んでみて、あっけなく隣のレジの方が早かったりすると、
理屈ではない悔しさがどうしてもこみ上げる。

だから、その不快感を避けるために1番早いレジに並びたい。
別に、たかが30秒くらいの時間を惜しんでいたり急いでいたりするワケではないのだ。
願わくば、まず一列に並んで、「次のお客様、こちらのレジへどうぞー」という形式になって欲しい。

それだけで、ホントにくだらないストレスからどれだけ解放されることか。
将来、そういうシステムのスーパーがもし主流になったら、私は心の中で
「私と同じ、しょーもないストレスに苦しんでいた小さき誰かさんよ。ムーヴメントを起こしてくれてありがとう」
と、名も知らぬ同志に感謝しながら、ホッコリした顔でレジ待ちをするだろう。

Comments are closed.